ピアノ演奏家としてのオリジナルを大切にしていこうと思います。

ピアノを始めたのは3年の時でした。
クラシックが大好きな父は中でもドビュッシーが好きで、幼児のぼくに弾いてほしいという心から習わせたのでした。

医者とのマンツーマン講義はとても楽しくて、ぼくはピアノが大好きになりました。
父兄はもちろん音大に進ませるつもりだったのですが、ぼくが進学講じる着想がないことを教えるといった、ちょい落胆していました。

ぼくが音大に進学しなかったのは、医者とのマンツーマン講義だけで満載だったからだ。
それに、私の親族にバイオリンて音大へ進んだヒューマンがいましたが、音大へ入ってから熱演開示が変わってしまったのです。
堅実と言うか、聴いていて何も感じなくなってしまったのです。
今までは著しく素敵な奏で方をしていたのに、ってぼくはがっかりしてしまったのを覚えています。

医者にそのことを話すって、音大に行くだけが皆ではないと言ってくれたのです。
音大に行くことは強みもあるが、自由に熱演することが難しくなるという。ユニバーシティはあくまでも学院、学院では手順に沿って教えていかなければならないので、リバティーが利かなくなると言っていました。
医者は、ユニバーシティのインストラクターの見聞があったので、色んな視点からの会話を通じてくださいました。

私の熱演は生き方の固まりだと一心に言われます。
マニアだというヒューマンもいますが、必ずや拒否に思うヒューマンもいると思います。
でも、食堂などでの熱演を任された際は、たくさんの温かい拍手をいただけます。
随時不安になることもありますが、ぼくは自分の生き方を大切にしていきたいと思います。http://johnwb.com/