そんなヤバイデメリットがあったなんて聞いてないんですが

過日、百貨店を見ていたらなんかクリアランスセールで
元値によって3割ぐらい安くなっていたのでそれとなく買ってみたものがあります。
インスタントコーヒーなんですが充実食い分ごとに個梱包になっており、
粉ミルクって砂糖も一緒に配合されている感じのものだ。

これが飲みたいときに間もなく飲めるという観点で非常に便利です。
一般的なインスタントコーヒーもすっごく速く焼き上げるという点ではおんなじ
・・・というかその工夫のわかりやすさ手軽さとそれによるテンポこそが
インスタントコーヒーという品の最大の楽しみなんですが、
個梱包です事によりその工夫の厄介がますます省かれるんですよね。
普段でも何の思い無しにコーヒーを淹れていたわけですが、
まさかそれよりもここまで体感としてスムーズは思いませんでした。

さてこういう個梱包コーヒーですが、見つけるのがスムーズという点の他に
コーヒー本人にも小さな陰があります。
ただお湯を入れただけでものすごく泡が立つ結果
口当たりが非常にソフトになるんですね。
普通のインスタントコーヒーも泡を含ませる処方箋があったんですが
それを厄介ナシで望めるというわけですね。

但し味わいがよくなる反面、こういう泡が最適曲者でもありました。

たぶん普通の泡ではなく、何かしら粘性のある材質を取り入れることによって
格段何もしなくてもお湯を閉じ込めるだけで泡が立つようになってるんですが、
呑み終わった後一気に洗わないというこういう泡の跡がものすごくカップに
こびりついて頂ける。

ほんとに横着しないでたちまち洗えばいいわけですが・・・。就職が決まったらコレを見よう♪